2007年07月12日

最新版Quicktimeで全画面再生にも対応

Macを持っているなら、iMovie6でムービーの書き出しもできます。
全画面再生に無料版も対応した事で、Pro版の存在意義がより小さくなったと言えるのではないでしょうか。

(ITMediaより)
「Pro」でなくても全画面表示――QuickTimeとiTunesが更新


米AppleはQuickTimeとiTunesの最新版を公開した。それぞれソフトウェア・アップデート経由で更新できる。QuickTime 7.2ではフルスクリーン表示のサポートと、H.264コーデックの更新、iTunes 7.3.1ではiTunesライブラリへのアクセスに関する問題が解決されている。

 QuickTimeは無料の通常版以外に、有料のQuickTime Proが提供されており、iTunes Storeでライセンスを購入することができる。価格は3400円。QuickTime Proは、通常版ではできない、ムービーの編集、別コーデックへの変換、書き出しが可能となっている。

 最新バーションでは無料版でも全画面表示ができるようになった。このほかに重大なセキュリティの問題を解決している。

 iTunesはMac OS X、Windows Vista/XP/2000に対応。QuickTimeはMac OS X、Windows Vista/XPをサポートしている。
posted by カミガタ at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。