2007年08月10日

新型AirMac Extremeベースステーションは、Gigabit Ethernet対応で魅力増大

新しいiMacの陰に隠れて地味な印象の新「AirMac Extremeベースステーション」ですが、Gigabit Ethernet対応して魅力が増したと思います。
21800円と高くないし、デザインもシンプルで小さく飽きないですからね。

(Impress Watchより)
アップルは、IEEE 802.11nドラフトに準拠した無線LANルータ「AirMac Extremeベースステーション」の新製品を発売した。同社直販サイト「Apple Store」での販売価格は21,800円。

 今回発売したAirMac Extremeは、前モデルと比較してインターフェイスのLAN側が10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T×3ポートに変更されたほかは、ほぼ同一の仕様となる。

 無線LAN機能では、IEEE 802.11nドラフトに準拠しており、複数の送受信アンテナを装備。また、IEEE 802.11a/b/gとの互換性も持ち、IEEE 802.11aとIEEE 802.11b/gの同時利用にも対応している。なお、無線LAN通信に使用する周波数帯は従来製品と同様に20MHz幅のみの対応で、40MHz幅には対応しない。セキュリティ機能では、40/128bitのWEP、WPA、WPA2、IEEE 802.1Xなどをサポートする。

 このほかでは、ネットワーク内に接続されているデバイスを自動的に検出する機能「Bonjour」を搭載。USB×1ポートを装備しており、 USBポートに接続したプリンタやHDDの共有も可能だ。VPNパススルー(PPTP/IPSec/L2TP)機能も搭載する。本体サイズは165× 165×34mm(幅×奥行×高)、重量は753g。
posted by カミガタ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

ついに新型iMac発表

うーん、デザイン的に中途半端な感じがします。
かなりグロテスクに見える。
まだ白一色の方がシンプルでよかった。

立体感・質感が写真だけだと分からないので、店頭で実際に見てみないといけませんね

(RBB TODAYより)
アップル、iMacシリーズを一新! アルミニウム素材の新デザインを採用

アップルは8日、一体型PC「iMac」シリーズを一新したことを発表した。なめらかなアルミニウムとガラス素材を採用した新しいデザインとなっている。

 新しいiMacは、なめらかでツヤのあるアルミニウムの素材と、すっきりとしたデザインが印象的な一体型PC。20型および24型のワイドディスプレイを一体化している。キーボードは、先端部の厚みがわずか8.4mmの超薄型アルミニウム製。CPUには、最新のCore 2 Duoを搭載している。

 同社CEO(最高経営責任者)のスティーブ・ジョブズ氏は「新しいiMacは、これまでで最も素晴らしいデスクトップPC。材料の選定という点でも、リサイクルもしやすいアルミニウムやガラスなど、革新的なものとなっている」と述べている。
posted by カミガタ at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

出るか新型iMac、Appleが8月7日に発表会

いよいよ新型iMacですか。
どれくらい革新的に変わっているか、新しくなりそうなデザイン、キーボードはどうか、ディスプレイの品質は。楽しみですね。
「ヘッドレス」Mac、出るなら性能と値段に期待。
静かなら、なおいいなぁ。まぁ、たぶん出ないでしょうが。

ただ気になる事も。
MacMiniが販売終了するのでは、という事。
確かに新製品の話も聞きませんですからね。
ただ静かだし、簡易サーバにする事もできるなど、コレ一つで相当遊べるのもまた事実。まだまだ続けて欲しい所ですが。

(ITMediaより)
新型Mac登場か? Appleが8月7日に発表会

米Appleの広報担当は7月31日、報道機関に電話で連絡を行い、8月7日にカリフォルニア州クパチーノの本社で行うプレスイベントに招待した。同社はこのイベントでMac関連の発表を行うと説明している。それ以上の詳細は明らかにされていないが、どうやらこのイベントでは、iPhoneや iTunes、iPodではなく、Appleのコア製品であるMacintoshコンピュータに関する発表のみが行われるようだ。

 これを受けて、Webでは早くもMacウォッチャーの間で憶測が飛び交っている。

 Mac関連の老舗の情報サイトであるThink SecretとAppleInsiderはいずれも、8月にコンシューマーデスクトップラインiMacの新モデルがリリースされる可能性を確実視している。

 どちらのサイトも内部仕様については触れていないが、両サイトとも、本当にリリースされるのであれば、この新型iMacは外観が一新されているはずだと憶測している。AppleInsiderによると、新モデルは「よりスリムで、よりスマート」なものとなり、ThinkSecretによれば、新モデルは表面がつや消しアルミになるという。

 ThinkSecretは当初、Appleが6月に開催の2007 Worldwide Developers Conference(WWDC)に前後してこれらのコンピュータを発表すると予想していた。

 また両サイトとも、Appleが17インチのiMacモデルを打ち切ることを予想している。

 情報サイトのEngadgetでは最近、次世代iMacのキーボードとされる写真が公開された。この写真が本物であるのなら、新型iMacのキーボードは既存バージョンとは異なり、Appleのコンシューマー向けノートブックであるMacBookのキーボードに似た超薄型のデザインとなるようだ。

 ある情報筋がeWEEK編集部に語ったところによると、これらの写真は本物という。ただし、この情報筋もそれ以上のコメントは断っている。

 そのほかにもWebでは、ソフトウェアスイート「iLife」と「iWork」の新版や4月にアップデートされたMac Proラインの最新版が発表される可能性、1年近くアップデートされていないMac Miniの打ち切り、プロあるいはプロシューマークラスの新しい「ヘッドレス」Macが発表される可能性などが憶測されている。

 Appleの幹部はコメントを断っている。
posted by カミガタ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。