2007年11月29日

Apple側での対処が欲しい。BootCampインストールでMac OS X 10.4.11アップグレードができない

Applelinkageを見ていましたら、Boot Campのベータ版をインストールしているMacで、Mac OS X 10.4.11にアップデートしたユーザが、起動できない不具合が発生しているという報告が上がっているとの事です。

ソフトウェア・アップデートを実行している際に、予期せぬ問題が発生し、再起動する必要があるというメッセージが表示され、再起動すると青い画面のままで起動しなくなるそうです。

この問題はAppleのサポートスタッフにも既知の問題で、対処方法としては、Mac OS Xを「消去してインストール」のオプションを選択して再インストールする方法しかないとAppleのサポートスタッフはおっしゃられているそうです。

基本的にはその一つ上のバージョンが出ると、OSの機能アップデートを行わない最近のApple(今回Leopard発売後にも関わらず10.4.11を出したのは異例)。

さらに原因となっているのがベータ版のBootCamp。
ベータ版はそれをインストールした事により不具合があってもサポートが受けられないのが建前。
Appleからのパッチなどのアップデートがサポートされない恐れがあります。

ただ、Macがここ1年、猛烈な勢いでシェアを伸ばしてきたのも、このBootCampにあるはず。
いくら「ベータ版」と名づけているとしても、(私も含め)intel macを使う多くの人が使っているBootCampが原因で起きているのだから、Appleはパッチを必ず出すべき。
本音は「Leopardにして下さい」なんだろうけどね。

また、MacbookでMac OS X 10.4.10にアップグレードしてからWi-Fi接続が不安定になる不具合が発生しているそうです。
バージョンを上げると、今までなかった不具合が発生するのは辛い。

「対象ソフトウェアを使用しているすべてのユーザの方に、最新のアップデートの適用をお勧めします。」とAppleは言ってますが、ユーザーは 鵜呑みにせずアップデートをする必要があると思います。残念ですが。
posted by カミガタ at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

Officeを買わなくてもMacでこんなに開けるExcel、Wordファイル

ITMediaの「高橋敦の『Macでいいじゃん!』第3回」より。

現在販売されている「Office 2004 for Mac Standard Edition」は実売4万円強。「受け取った書類の確認や手直し程度に使えればよい」というユーザーにとっては少しためらってしまう価格だ。しかも現行バージョンはIntel Macにネイティブ対応していない。(中略)
ご安心ください。Word/Excel書類を開いて内容を確認する程度でよいのなら、Officeを買わずとも十分いけるのだ。


では、どうするのか。

まずWord書類はテキストエディットで開けるという。
ビジネス文書程度の複雑でないレイアウトなら、大きく崩れないので、内容確認には十分、だそうだ。

さらにテキストエディットでWord形式の文書が保存できちゃう。
まぁ、Windowsのワードパッドで開くと文字化けしてしまうことがあるので、実用的とまでは言えないが。

続いてExcel書類。

Mac OS X 10.5 Leopardなら、新機能の「Quick Look」で内容のプレビューが可能。

編集は、ブラウザ(FirefoxやCamino。safariは未対応)から利用できるgoogleのワープロ/表計算サービス「Google Docs & Spreadsheets」で。
レスポンスはなかなかだそうだ。
Word書類もコレで編集できる。

Open Office.orgのように、Officeとの互換性をうたうオープンソースソフトもあるが、筆者も書かれたとおり、ライトユースならコレで十分だろう。
posted by カミガタ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

バカ売れ、Leopard、OSパッケージシェア60%突破

今度のLeopardは非常に売れているようです。
Vistaと違って、基本的には変わらないインターフェイス、外観への安心感があるのでしょう。
かつて、Windows95が98になったように。
それにMacユーザーは新し物好きですからね



(BCNより)
[市況]「Leopard」が猛烈な初速、アップルの新OSが10月販売シェア53.9%を記録


アップルは10月26日、新OS「Mac OS X 10.5 Leopard」(レパード)を世界同時発売した。「BCNランキング」で集計したところ、発売以後わずか6日で10月1か月間の「OS」パッケージ販売本数で過半数の53.9%を占めシェア1位を獲得。猛烈なスタートを切ったことがわかった。

(中略)

 10月の「OS」で販売本数シェア1位を獲得したのは、Leopardの「シングルユーザーライセンス版」でシェアは46.0%。2位にも、同一住居内の5ユーザーまで利用できる「Mac OS X Leopard ファミリーパック」がシェア7.9%で位置しており、この2製品だけでシェア53.9%と過半数に達した。これらの販売本数には事前の予約分も含まれているが、26日の発売以降のわずか6日間で10月の月間1位を獲得したことになる。

 メーカー別で見ても、アップルのシェアは9月の 15.5%から60.7%に急上昇。発売直後の瞬発力が発揮されたとはいえ、前バージョン「Mac OS X 10.4 Tiger」(タイガー)発売直後の05年5月以来、2年5か月ぶりにマイクロソフトを抜いてトップに立った。パッケージソフトは基本的にMac本体を所有しているユーザーが購入するもので、アップグレードに積極的なMacユーザーの熱心さがダイレクトに反映されたようだ。

(中略)

 過去1年間のメーカー別販売本数シェアの推移を見ると、マイクロソフトが常に70%-80%の高いシェアを獲得。「Windows Vista」発売直後の2月には91.2%と、9割を超えた。

 だが、直近の07年10月には、アップルがシェア60.7%と大躍進。過去のアップルのシェアから見ても、60.7%という数字は飛び抜けており、前バージョンTigerの発売直後の05年5月の51.2%と比べても10ポイント近く上回っている。また10月は、Leopardが動作するシステム要件に満たない、古い機種を使用しているユーザーが中心とみられる、前バージョンTigerに対する駆け込み需要もあり、高いシェアの獲得を後押ししたようだ。

 こうしたLeopardの好調は世界的な現象のようで、米アップルは早速、発売直後の週末で販売数が全世界で200万本を突破したと発表。今のところ、アップルのOSで最大の売り上げを記録した前バージョンTigerをはるかに上回るペースで売れているという。
(後略)
posted by カミガタ at 04:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。