2007年04月08日

新Mac Proは、ものすごいモンスターマシーンだ

合計8コアですか…。
おそろしいマシンが登場したものです、フルHDやそれ以上の動画コンテンツの編集に大活躍しそうですね。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070406-00000097-myc-sci
アップルが「Mac Pro」新モデル、クアッドコア×2基で"8コア"を実現

(MYCOMジャーナルより)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
アップルジャパンは、ワークステーション「Mac Pro」に、プロセッサコアを8つ搭載する"8コア"の新モデルを発表した。開発コードネーム:Clovertownとして知られるクアッドコアインテル Xeonを2基搭載することで実現している。価格は50万8,590円からで、すでに発売を開始している。

プラットフォームは変更されておらず、従来のデュアルコア Xeonのラインナップに追加される形で販売を行なう。プロセッサを除くBTOメニューはクアッド×2基 / デュアル×2基で共通のものを選択可能で、筐体も共通。最小時では1GBメモリ(667MHz DDR2 FB-DIMM)、NVIDIA GeForce 7300 GT 256MB、250GB シリアルATA HDD、SuperDrive(DVD+R DL / DVD±RW / CD-RW)などの構成をとる。

搭載するクアッドコアプロセッサはDP向けの「Xeon 5300シリーズ」とみられ、動作周波数は3GHz、FSB(フロントサイドバス)は1,333MHzで動作し、L2キャッシュは8MB(4MB×2)。 Intel Core Microarchitectureに基づいて設計されており、IA-32の64ビット拡張であるインテル 64や、128ビットSSE命令の処理パフォーマンスを改善するインテル アドバンスト・デジタル・メディア・ブーストなどの技術を備えている。

アップルジャパンによれば、Power Mac G5 Quadと比べ、Final Cut Proのレンダリング結果で最大1.4倍、PyMOL.99のテスト結果で最大1.8倍高速になるなどとして、パフォーマンスの向上をアピールしている。なお、これまでにインテルから発表されているXeon 5300シリーズの最高動作周波数は2.66GHzだった。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


posted by カミガタ at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。