2007年04月13日

ショック、10.5Leopardの発売は10月に延期

「彼らは自分たちの実行能力に対する人々の信頼を低下させた」というのは、まさにその通りだと思います。

Appleの社名変更といえ、BootCampといえ、今回の発売延期といえ、AppleがMacへの重要性を下げにかかっていると思われます。

appleのパソコン事業は苦境に陥ってしまうのでしょうか。

個人的には正直iPhoneなどどうでも良く、MacとそのOSに力を入れてほしいものです。

この結果が、Appleに影を落とさないといいのですが。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070413-00000002-cnet-sci
アップル、次期Mac OS Xリリースを10月に--原因はiPhone開発

(Cnet Japan)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−Appleの次期Mac OS X「Leopard」のリリースが10月までずれ込むことが明らかになった。理由は、「iPhone」の出荷予定を守るためだという。

 Apple は米国時間4月12日の株式市場終了後、プレスリリースでスケジュールの延期を発表した。iPhoneのリリースは現在予定通りで6月となっているが、 iPhoneのリリース時期を守るため、Leopard開発者や品質保証スタッフのプロジェクト変更が必要だった、と同社では説明している。ちなみに、同社では、6月に「Worldwide Developers Conference(WWDC)」の開催を予定している。

 その結果、今春にLeopardをリリースする、というAppleが過去数ヶ月間繰り返して述べていた計画が難しくなった。「最終版に近い」同OS(Mac OS X 10.5)がWWDCでテスト用に開発者に配布され、現在のところ最終リリースは10月になるという。

 「人生にはトレードオフがつきものだ。今回の場合、正しい選択であったと確信している」と同社はプレスリリースで述べた。

 Appleの関係者は延期に関し、声明文以外の詳細を明らかにしていない。

 一方、ウォールストリートがこれに即座に反応し、Appleの株価は時間外取引で2%をわずかに上回る額下落した。Endpoint Technologies AssociatesのアナリストRoger Kay氏は、「彼らは自分たちの実行能力に対する人々の信頼を低下させた」と語った。
(後略)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

姉妹サイトの「コンピュータの話題をBlogで」にも掲載しています


posted by カミガタ at 11:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Appleの信頼低下に繋がるぞ、10.5Leopard発売延期
Excerpt: これはあまりにもMac好きには痛い。 発売直後でまだ安定しないVistaに時間を与えてしまうわけですからね。 個人的に猛ブーイングです。 「彼らは自分たちの実行能力に対する人々の信頼を低下させた」..
Weblog: コンピュータの話題をBlogで
Tracked: 2007-04-13 11:54

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。