2007年04月26日

Apple、「ジョブズ氏は不正に関与せず」との見解を再表明

長くもめているようですね。
果してこの結末はどうなるのでしょうか?

(ITMediaより)
米Appleは4月25日、ストックオプション付与に関する会計問題について、「内部調査の結論に自信を持っている」との取締役会のコメントを発表した。これは、同社の元CFO(最高財務責任者)のフレッド・アンダーソン氏が24日、同調査結果とは異なる内容の声明を行ったことを受けたもの。

 Appleは2006年12月に、同社のストックオプション付与日の記載の誤りについて、ジョブズ氏に不正はなかったとする内部調査結果を発表している。一方アンダーソン氏は、付与日操作が会計上の不正であり罪に問われる可能性があることを、ジョブズ氏に警告していたと発言。ジョブズ氏が不正に関与していた可能性を示唆した。

 これに対しAppleの取締役会は、ジョブズ氏が内部調査や当局の調査に全面的に協力したとして、その上での調査結果や「スティーブの誠実さ、Appleを率いる能力に完全な自信を持っている」とコメントしている。


posted by カミガタ at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。