2009年10月21日

CPUパワーアップ、液晶強化、値段Downで魅力が高まった新iMac

CPUはおそらく今回からデスクトップ用にチェンジでしょう。

廃熱と、ファンの音が気になりますが(LEDバックライト液晶の低消費電力で相殺してるとしても)、大幅な性能アップが期待できそう。

今までiMacの液晶は特に下位機種で不満の残るものだっただけに、今回の全機種IPSパネル採用は、「Mac=プレミアム」というイメージの強調になり、それでいて、値段もお求め安くなっているので、これはWindows7をにらんだアップルの先制攻撃と言えるでしょうね。

今、今年3月に出た先代のMacmini持ってますが、この機種も気になります。

iMovie使ったら、エンコードの速度とても速いでしょうね。



(Impress Watchより)
アップル、iMacをモデルチェンジ

アップルは、液晶一体型Macintosh「iMac」をモデルチェンジし、21日から順次発売する。

 iMacは21.5型と27型の2機種4モデルが用意される。いずれも、液晶はLEDバックライトのIPSパネルに変更された。

 21.5型1,920×1,080ドット液晶搭載モデルは、Core 2 Duoベースで、下位モデルはチップセット内蔵グラフィックス、上位モデルはATI Radeon HD 4670GPUを搭載する。

 27型2,560×1,440ドット液晶搭載モデルは、下位モデルがCore 2 Duoベース、上位モデルはクアッドコアのCore i5ベースで、さらにCore i7もBTOで選択できる。Core i5/7モデルのみ11月の出荷開始となる。

 アップルストア価格は、21.5型が118,800円と148,800円、27型が168,800円と198,800円。

 21.5型下位モデルの主な仕様は、Core 2 Duo(3.06GHz)、NVIDIA GeForce 9400Mチップセット(ビデオ機能内蔵)、4GBメモリ、500GB HDD、DVDスーパーマルチドライブなど。

 主なインターフェイスは、USB 2.0×4、IEEE 1394b×1、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11a/b/g/n無線LAN、Bluetooth 2.1+EDR、出力用Mini DisplayPort、SDメモリーカードスロット、iSightカメラ、音声入出力など。

 27型上位モデルは、Core i5(2.66GHz)、4GBメモリ、ATI Radeon HD 4850(512MB)GPU、1TB HDD、DVDスーパーマルチドライブなど。BTOで選択できるCore i7は2.80GHz。

 主なインターフェイスは、21.5型に準じるが、Mini DisplayPortは出力専用ではなく入力も可能なタイプとなっている。ただしアダプタは別売。

 21.5型の本体サイズは528×188.5×451mm(幅×奥行き×高さ)、重量が9.3kg。27型は、650×207×517mm(同)、13.8kg。

 キーボードとマウスはワイヤレスで、マウスは新型のマルチタッチ対応「Magic Mouse」が付属する。
posted by カミガタ at 16:42| Comment(0) | TrackBack(1) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

iPhoneユーザーの愛着心。9割が「人にiPhoneを薦めたことがある」

iPhoneのエコシステムは確実に構築されているといっていいでしょう。
iPhoneの機能、iTunes Storeによりアプリの販売。
今後も確実にiPhoneは成長するでしょう。そして、iPhoneに対応するアプリも確実に増えていくでしょう。

(computerworld.jpより)
iPhoneユーザーの9割が「人にiPhoneを薦めたことがある」

(前略) 
この調査はコンサルタント企業の米国CFI Groupが、1,000名以上のスマートフォン・ユーザーを対象に行ったものだ。

 各社のスマートフォンに対する満足度を見ると、もっとも満足度が高かったのはAppleの「iPhone」で、83%ものユーザーが満足しているという。もっとも、一般消費者が、個人的にスマートフォンを利用しているという事実を踏まえれば、この結果も驚くには値しないだろう。以下、Googleの「Android」プラットフォーム製品とPalmの「Palm Pre」が同率の77%、RIM(Research in Motion)のBlackBerryは73%、すでに販売終了している「Palm Treo」は70%、Nokiaの「Symbian OS」搭載製品とMicrosoftの「Windows Mobile」搭載製品は66%であった。

 調査結果からは、iPhoneユーザーが製品に満足しているだけでなく、iPhone自体に愛着心を強く持ち、その魅力を周囲に対して積極的に伝えていることもわかった。調査対象となったiPhoneユーザーのうち、92%が理想的な携帯電話であると述べ、90%が人にiPhoneを薦めたことがあると答えている。また、35%は知人からの薦めでiPhoneを購入したとしており、ほかのスマートフォンから乗り換える場合も、iPhoneが選ばれるケースがいちばん多かった。

 AndroidおよびPalm Preが高い満足度を記録したのも、iPhoneと共通する特徴を持っているからだという。その特徴とは、例えば多彩なアプリケーションや手軽なWebエクスペリエンス、マルチメディア再生など、消費者受けのよい機能のことだ。

 一方で、Palm Treoや初期のBlackBerryといったビジネス・パーソン向けスマートフォンは人気に陰りが見られる。さらに、SymbianやWindows Mobileを搭載する“ノーブランド”製品にいたっては「存在すら忘れかけられている」とCFI Groupでは指摘している。
posted by カミガタ at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

Mac売り上げ、3年ぶりに減少

さすがにアップルも景気悪化の影響を、モロに受けてますね。
低価格機種がないことが、アップルの弱みになってるような。

MacMiniのモデルチェンジをして、この分野の巻き返しを図るんでしょうか。

(ITMediaより)
[WSJ] Mac売り上げ、3年ぶりに減少


Appleの米国小売りチャネルを通じたコンピュータ販売台数が、1月に前年同月比で6%減少した。月間販売台数の減少は3年ぶりとなる。市場調査会社NPD Groupが報告した。

 このデータは、需要が多いときには売上高を伸ばしてきたAppleの高い価格設定が、景気提携で消費者が支出に厳しくなっている今は、同社に打撃をもたらしていることを示唆している。

 特にAppleのノートPCへの需要は、過去数カ月間は不況にもかかわらず比較的高かった。消費者はスタイリッシュなデザインと独自OSに積極的に高い価格を払っていた。しかし、NPDのアナリスト、スティーブン・ベイカー氏は、消費者は景気の悪化が続く中で価格に敏感になりつつあると指摘する。

 「カジュアルユーザーや、取捨選択をしようとしている人々は安いものに買い換えている」(ベイカー氏)

 NPDは、Appleの直営店やWebサイトを含めた米小売業者の売り上げ推定値をまとめている。同社の推定では、Appleの米小売りチャネルを通じた売上高は1月に11%減少し、販売台数よりも大きな下げ幅になった。Appleの市場シェア(金額ベース)は前年同月の16.4%から13.7%に下がったという。

 Appleの広報担当者はコメントを控えた。

 ベイカー氏は、ローエンドやミッドレンジのノートPCに興味を持つ消費者は、Appleで最も安価な999ドルのノートPCに引きつけられていると確信していると話す。1500ドルを超えるハイエンドモデルの需要はこの数カ月の間ほとんど変わっていないと同氏は付け加えた。

 NPDによると、Apple製コンピュータの1月の平均価格は、ノートPCが1480ドル、デスクトップPCが1500ドル。MicrosoftのWindows搭載機の2倍を超えている。

 価格の高さのほかに、アナリストはAppleのデスクトップPC事業の不調の原因として、1年あまりの間、ラインアップの大幅な刷新がないことを挙げている。同社は数週間以内に、需要拡大に貢献する可能性のある新しいデスクトップモデルを発表するとみられている
posted by カミガタ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(1) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

MacMiniが出荷停止?

もし本当としたらすごく残念です。
手軽に使えるMacとして、そしてUnix搭載のwebサーバマシンとして、コンパクトなサイズのMacMiniはとても魅力があるのですが。

Atomプラットフォームで出してくれないかなぁ。
ムリかなぁ。

mac miniを購入!

(ギズモード・ジャパンより)
Mac miniが製造停止? 欧州販売店に出荷停止、次はナシと告げる


「もうMac miniの発注ができない」

昨日(火曜)行われたアップルの決算報告直前に、米GizmodoのJDの地獄耳にヨーロッパの大手販売店2社からこんな情報が入ってきました。

まず真っ先に考えるのは、「アップデートモデルが来るサイン」という可能性ですけど、情報を提供してくれた方たちはアップルに、もう次はこないものと思ってくれと言われたそうなんです。アップルストアに行けば、まだ注文はできますが、製造停止という意味なのでは、という印象を受けたのだそうな。

不景気で需要はこれからのはずなのに、消えちゃうんでしょうか、Mac mini。

Mac miniは、2005年1月のマックワールドで「一番安いMac」(ジョブズ)として登場し大きな反響を呼んだ製品です。アップルはこの製品を、新しい周辺機器を買わずに乗り換えたいWindowsユーザーに最適な、Mac Proの廉価なオルタナティブと位置づけました。

しかし。このApple Cubeの息子は(先の製品同様)シェア獲得に失敗。iMacとMacBookがトップセラーとして脚光を浴びる影で、Mac miniはどんどん後ろに追いやられていきました。発売から6回もハードのアップデートをしてるにも関わらず。最後のアップデートは2007年11月で、ちょっと他のMacに比べて古い感じは否めません。例えば802.11nサポートがなかったり、667 MHzのフロントサイドバス、945GMのチップセットという他より2世代前のものを使っています。

アップデートとか、製品交代ならいいんですけどねー。でも、アップル税なんかものともせず、NY五番街のアップルストアでMacBookがパンケーキのように売れてるとこ見ると、「御用済みなのかな」と、ついつい思ってしまいます。
posted by カミガタ at 20:43| Comment(0) | TrackBack(1) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

噂に違わぬ新Macbookのスピードアップ

ITMediaにて新Macbookのベンチマークテストの結果が出てました。
(使用OS Windows XP)

<旧Macbook MB403J/A>
CPU:Core 2 Duo(Penryn)2.4GHz FSB800MHz
チップセット:Intel GM965 Express
PCMark05ベンチマーク結果:3381
3DMark06ベンチマーク結果:3ケタ止まり
<新Macbook MB466J/A>
CPU:Core 2 Duo P7350(Penryn)2.0GHz FSB1066MHz
チップセット:GeForce 9400M
PCMark05ベンチマーク結果:4429
3DMark06ベンチマーク結果:2179

これを見ると、確実にパワーアップしているようです。
グラフィック性能が、動作感覚に重要な位置を占めるWindows Vistaだと、もっと明確な違いとして表れてくるのではないでしょうか。


posted by カミガタ at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

iPodNano 第4世代。全面アルミ・縦長ボディと加速度センサー

iPodNanoはiPodの現在の主力モデル。
そのiPodNanoがモデルチェンジです。
ボディのデザインが第2世代に近い全面アルミ・縦長に変わりました。やはり私はiPodminiの流れを引く、今回のようなデザインの方が好きです

(Impress Watchより)
Apple、縦長ボディ/加速度センサー内蔵の新iPod nano


米Appleは、細長い新デザインのボディを採用した第4世代「iPod nano」を10日より順次発売する。内蔵メモリ8GBと16GBを用意し、AppleStore価格は8GBが149ドル、16GBが199ドル。日本では9月10日より8GBを順次発売、16GBは9月中旬に発売する。AppleStore価格は8GBが17,800円、16GBが23,800円。

 ボディカラーは、シルバー、ブラック、パープル、ブルー、グリーン、イエロー、オレンジ、レッド、ピンクの9色を用意。レッドはApple Store限定モデルとなる。

 第3世代nanoと同じく、2型/320×240ドットの液晶ディスプレイを装備し、MPEG-4 AVC/H.264やMPEG-4形式のビデオ再生に対応。ただし、デザインは幅広だった前モデルとは異なり、緩やかにカーブしたアルミニウムボディとガラスの組み合わせによる縦長のボディとなった。外形寸法は、38.7×90.7×6.2mm(横×縦×厚み)、重量は36.8g(第3世代nanoは 52.3×69.8×6.5mm/49.2g)。厚み6.2mmは、「iPod史上最薄」という。

 操作系はiPodシリーズ共通のClick Wheelを踏襲しているが、新デザインのインターフェイスを採用。また、加速度センサーを新搭載し、iPod nanoを横向きに回転させるだけでCover Flow画面に切り替わり、アルバムアートをぱらぱらとめくるように表示できる。また、本体を振ると、シャッフル再生の次の曲に移行するなどセンサーを生かした新機能を搭載した。

 メニュー名や曲名、アーティスト名の多くを音声メニューで読み上げる機能を追加したほか、メニューを読みやすくするための大型フォントの採用など、操作画面の改善も図っている。
posted by カミガタ at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPodClassicは120GBの1モデルに

今回は1モデルとなりました。HDDのiPodもこれで最後でしょうね
160GBを今もってますが、容量の大きなモデルはなくなってしまいましたね。残念。

今回のポイントはLEDバックライトを採用したからか、バッテリが旧モデルの30時間から36時間に伸びたところ。旧160GBモデルは40時間ですから、薄いボディで頑張ってますね。
たくさんの音楽や写真、動画を入れるのには十分ですね。

東芝が240GBの1,8インチHDDを出したので、そちらを搭載した新製品も欲しいものです

(IMPRESS WATCHより)
アップル、120GB HDD搭載で29,800円のiPod classic

アップルは10日、iPodシリーズを一新。新iPod nano/touchに加え、iPod classic、shuffleの新モデルも発表し、10日より発売する。

 iPod classicは、120GB HDD搭載モデルのみをラインナップ。AppleStore価格は29,800円。iPod shufleは新nanoにあわせたビビッドな新色に変更。AppleStore価格は1GBモデルが5,800円、2GBが7,800円。

 現行iPodシリーズで唯一のHDD搭載モデルとなるiPod classicは、120GBモデルのみをラインナップ。従来は80GB(29,800円)と160GB(42,800円)の2種類で展開していたが、新classicでは80GBモデルのHDDを120GBに強化しながら、価格を据え置きした。

 ボディカラーはブラックとシルバーを用意。主な仕様は従来モデルと共通で、ボディ全体で陽極処理されたアルミニウムと磨かれたステンレス鋼を採用している。LEDバックライト付き2.5型/320×240ドットカラー液晶ディスプレイを搭載する。
posted by カミガタ at 07:10| Comment(0) | TrackBack(1) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

初代iPod nanoが充電中に過熱。交換や相談対応へ

Appleは世代ごとに製品の質に幅がありすぎる様に感じます。
iPod nanoでも2代目はまったく問題なし。

Apple製品を買う時は、出てすぐに買うのではなく、ネットや口コミでの評判を待ってそれから買う。これが鉄則です。
とはいえ、すぐに買いたくなるというApple好きの人も多いでしょうからね。難しい問題です。

(ITMediaより)充電中に過熱するiPod nano、該当製品交換へ

アップルは8月20日、経済産業省が注意を喚起したiPod nanoの一部機種が充電中に過熱する事例について、交換や相談の対応を取ると発表した。

 経産省が注意を呼びかけているのは、2005年9月から2006年12月にかけて販売された第1世代iPod nanoで、製品番号は「MA004J/A」「MA005J/A」「MA099J/A」「MA107/J」。充電中に過熱した事例が同省へこれまで17件報告されており、そのうち、ユーザーが軽度のやけどを負った事故も2件あった。

 アップルは対象製品を利用しているユーザーで過熱を感じた場合はAppleCare(顧客窓口)で交換に応じるほか、他の第1世代iPod nanoを使用していて不安を感じた場合も同窓口で相談を受け付けるとしている。

 なお、今回の事例については同社側でも「過熱を起こし、使用ができなくなったり、変形していることを確認した」としており、対象製品に搭載されているバッテリーが同一供給元からのものであることを確認しているという。


サポートページはこちらです
posted by カミガタ at 02:20| Comment(0) | TrackBack(1) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

「MacBook Air」のSSD搭載モデル値下げ

これで「MacBook Air」の80GB HDDモデルとの差は10万円を切りました。
まだお得とはいえませんが、フラッシュメモリの容量辺りの価格低下ペースはHDDより圧倒的に速く、SSDモデルが当たり前に変える日もより近くなったといえるでしょう。

気になるのは即日値下げだという点。
Appleの値下げはいつも突然やるという印象が強く、値下げ前の値段で買った人にとっては、怒る人も出てくるんじゃないですか。
サポートセンターにとっては頭を痛める日々でしょうね。

(Impress Watchより)
アップル、「MacBook Air」のSSDモデルを63,000円値下げ

アップルは4日、薄型の13.3型モバイルノート「MacBook Air」のSSD搭載モデルの値下げを実施した。

 1.8GHzのCore 2 Duoと64GB SSDを搭載する上位モデルで、直販価格は388,400円だったが、4日時点で325,400円になり、63,000円値下げされた。

 1.6GHzのCore 2 Duo/80GB HDDの下位モデルは229,800円で変更されていない。このため、内蔵するSSDの調達価格が下がったものとみられる。
(後略)
posted by カミガタ at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

新型iMac登場!

今回のiMacはintelの45nmのCore 2 Duo採用でかなりパワーアップされたと予想できます。クロック比以上に早くなっているのではないでしょうか。
4コア製品も期待したいけどインテル次第かな。

(Mycomジャーナルより)
アップル、高速化した「iMac」発表 - 139,800円から


アップルは4月28日、オールインワン型デスクトップ「iMac」シリーズのアップデートを発表した。

20インチが2モデル、24インチが1モデルという従来同様のラインナップで、より高速なIntel Core 2 Duo (2.4GHz、2.66GHz、2.8GHz)を搭載する。上位2機種は標準搭載メモリが2GBになった。またApple Storeでの価格が139,800円からと、全体的に前モデルから値下げされた。なお24インチモデルでは、オプションで3.06GHzのIntel Core 2 Duo、NVIDIA GeForce 8800 GSグラフィックスを選択でき、Apple Storeではこれらを装備した「24インチ : 3.06GHz」モデルが用意されている。
(後略)
posted by カミガタ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(1) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。