2007年08月09日

ついに新型iMac発表

うーん、デザイン的に中途半端な感じがします。
かなりグロテスクに見える。
まだ白一色の方がシンプルでよかった。

立体感・質感が写真だけだと分からないので、店頭で実際に見てみないといけませんね

(RBB TODAYより)
アップル、iMacシリーズを一新! アルミニウム素材の新デザインを採用

アップルは8日、一体型PC「iMac」シリーズを一新したことを発表した。なめらかなアルミニウムとガラス素材を採用した新しいデザインとなっている。

 新しいiMacは、なめらかでツヤのあるアルミニウムの素材と、すっきりとしたデザインが印象的な一体型PC。20型および24型のワイドディスプレイを一体化している。キーボードは、先端部の厚みがわずか8.4mmの超薄型アルミニウム製。CPUには、最新のCore 2 Duoを搭載している。

 同社CEO(最高経営責任者)のスティーブ・ジョブズ氏は「新しいiMacは、これまでで最も素晴らしいデスクトップPC。材料の選定という点でも、リサイクルもしやすいアルミニウムやガラスなど、革新的なものとなっている」と述べている。
posted by カミガタ at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

出るか新型iMac、Appleが8月7日に発表会

いよいよ新型iMacですか。
どれくらい革新的に変わっているか、新しくなりそうなデザイン、キーボードはどうか、ディスプレイの品質は。楽しみですね。
「ヘッドレス」Mac、出るなら性能と値段に期待。
静かなら、なおいいなぁ。まぁ、たぶん出ないでしょうが。

ただ気になる事も。
MacMiniが販売終了するのでは、という事。
確かに新製品の話も聞きませんですからね。
ただ静かだし、簡易サーバにする事もできるなど、コレ一つで相当遊べるのもまた事実。まだまだ続けて欲しい所ですが。

(ITMediaより)
新型Mac登場か? Appleが8月7日に発表会

米Appleの広報担当は7月31日、報道機関に電話で連絡を行い、8月7日にカリフォルニア州クパチーノの本社で行うプレスイベントに招待した。同社はこのイベントでMac関連の発表を行うと説明している。それ以上の詳細は明らかにされていないが、どうやらこのイベントでは、iPhoneや iTunes、iPodではなく、Appleのコア製品であるMacintoshコンピュータに関する発表のみが行われるようだ。

 これを受けて、Webでは早くもMacウォッチャーの間で憶測が飛び交っている。

 Mac関連の老舗の情報サイトであるThink SecretとAppleInsiderはいずれも、8月にコンシューマーデスクトップラインiMacの新モデルがリリースされる可能性を確実視している。

 どちらのサイトも内部仕様については触れていないが、両サイトとも、本当にリリースされるのであれば、この新型iMacは外観が一新されているはずだと憶測している。AppleInsiderによると、新モデルは「よりスリムで、よりスマート」なものとなり、ThinkSecretによれば、新モデルは表面がつや消しアルミになるという。

 ThinkSecretは当初、Appleが6月に開催の2007 Worldwide Developers Conference(WWDC)に前後してこれらのコンピュータを発表すると予想していた。

 また両サイトとも、Appleが17インチのiMacモデルを打ち切ることを予想している。

 情報サイトのEngadgetでは最近、次世代iMacのキーボードとされる写真が公開された。この写真が本物であるのなら、新型iMacのキーボードは既存バージョンとは異なり、Appleのコンシューマー向けノートブックであるMacBookのキーボードに似た超薄型のデザインとなるようだ。

 ある情報筋がeWEEK編集部に語ったところによると、これらの写真は本物という。ただし、この情報筋もそれ以上のコメントは断っている。

 そのほかにもWebでは、ソフトウェアスイート「iLife」と「iWork」の新版や4月にアップデートされたMac Proラインの最新版が発表される可能性、1年近くアップデートされていないMac Miniの打ち切り、プロあるいはプロシューマークラスの新しい「ヘッドレス」Macが発表される可能性などが憶測されている。

 Appleの幹部はコメントを断っている。
posted by カミガタ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

最新版Quicktimeで全画面再生にも対応

Macを持っているなら、iMovie6でムービーの書き出しもできます。
全画面再生に無料版も対応した事で、Pro版の存在意義がより小さくなったと言えるのではないでしょうか。

(ITMediaより)
「Pro」でなくても全画面表示――QuickTimeとiTunesが更新


米AppleはQuickTimeとiTunesの最新版を公開した。それぞれソフトウェア・アップデート経由で更新できる。QuickTime 7.2ではフルスクリーン表示のサポートと、H.264コーデックの更新、iTunes 7.3.1ではiTunesライブラリへのアクセスに関する問題が解決されている。

 QuickTimeは無料の通常版以外に、有料のQuickTime Proが提供されており、iTunes Storeでライセンスを購入することができる。価格は3400円。QuickTime Proは、通常版ではできない、ムービーの編集、別コーデックへの変換、書き出しが可能となっている。

 最新バーションでは無料版でも全画面表示ができるようになった。このほかに重大なセキュリティの問題を解決している。

 iTunesはMac OS X、Windows Vista/XP/2000に対応。QuickTimeはMac OS X、Windows Vista/XPをサポートしている。
posted by カミガタ at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

Appleのオープン政策の結果だ。iTunes StoreがYahoo!ミュージックの推奨ミュージックダウンロードストアに

昔は独立独歩だったApple。
「iTunes Store」の成功で会社を広く「文化」として広げていくというすべを知ったようです。

iPhoneの開発環境がwebベースになったのも、今までのcocoa/carbon中心のプログラマーではなく、普及している標準プラットフォームの採用で、今まで関係のなかったwebプログラマーを広く取り込む策だと思います

(Impress Watchより)
iTunes StoreがYahoo!の推奨サービスに。moraと並行でサービス展開

Yahoo! JAPANの音楽ポータル「Yahoo!ミュージック」は、音楽配信サービス「iTunes Store」と連携した「Yahoo!ミュージックダウンロード on iTunes」を6月14日に開始した。Yahoo!ミュージックからiTunes楽曲の購入が可能になる。

 これまでYahoo!ミュージックではレーベルゲートとの提携により、ATRAC形式の楽曲を配信する音楽配信「Yahoo!ミュージックダウンロード」を展開していた。6月14日からはATRAC形式の楽曲を配信するサービスの名称を「Yahoo!ミュージック ダウンロード on mora」と改称。新たにiTunes Storeに対応した「Yahoo!ミュージックダウンロード on iTunes」を開始し、2つの楽曲形式に対応する。

 Yahoo! JAPANを運営するヤフーでは、「mora以外の音楽配信サービスを利用しているユーザーの利便性を高めるため」と説明。アップルでは「iTunes StoreがYahoo!ミュージックの推奨ミュージックダウンロードストアになった」と説明している。

 今回のiTunes Store対応により、Yahoo!ミュージックの検索結果のうちiTunes Storeで購入できる楽曲はiTunesのアイコンを表示。また、Yahoo!ミュージックダウンロードのログイン時に利用する音楽配信サービスを選択できるようになった。ログイン後は選択した音楽配信サービスの検索結果が表示されるが、ログイン前の標準状態ではiTunesのみが検索結果にアイコン表示される。なお、楽曲の視聴および購入には、iTunesのインストールが必要になる。

 Yahoo!ミュージックのiTunes Store対応に合わせ、AIの新曲「BRAND NEW DAY」の先行配信、Def Techの全曲配信、レミオロメンの「波」の独占配信も開始。レミオロメンの「波」は音楽配信サービスとして初めての提供だという。
posted by カミガタ at 19:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽ダウンロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

グラフィックパワーアップの新MacBookPro出た

詳細ははっきりしませんが、CPUがCore 2 Duo 2.4GHzを採用していると言うことは、FSB800Mhzのチップセットなんでしょう。
となると、PM965 Express(つまりSanta Rosa世代)チップセット採用というのは理解できます。この前のMacbook新製品とはチップセットで差が付いていると言うことです。

GeForce 8600M GTになって、グラフィックを多用するアプリケーションはもちろん、BootCampでのWindows Vista動作もより高速化するメリットがあり、一方でOffice系ソフトにはほとんど関係はないと言えるでしょう

(Impress Watchより)
アップルジャパン株式会社は、GPUにGeForce 8600M GTを搭載した新しい「MacBook Pro」3モデルを発売した。

 外観デザインに変更はないが、CPUやGPUの基本性能を強化。現時点でチップセット名やFSBなどの詳細は明らかにされていないものの、Intel PM965 Expressチップセット+FSB 800MHzのCore 2 Duoを搭載していると思われる。

 上位の17インチMacBook Proは、Core 2 Duo 2.4GHz、メモリ2GB(最大4GB)、HDD 160GB、GeForce 8600M GT(256MB)、1,680×1,050ドット(WSXGA+)表示対応17型液晶ディスプレイ、SuperDriveを搭載し、直販価格は 359,800円。

 中位の15型MacBook Proは、上位から液晶を1,440×900ドット(WXGA+)表示対応に変更したもので、直販価格は319,800円。

 下位の15型MacBook Proは、中位からHDD容量を120GBに、GPUのビデオメモリを128MBに変更したもので、直販価格は259,800円。

 インターフェイスは、USB 2.0×2(上位は×3)、FireWire 400、FireWire 800、AirMac Extreme(IEEE 802.11a/b/g/n対応)、Gigabit Ethernet、ExpressCard/34、iSight、音声入出力(光デジタル対応)、DVIなどを装備。

 本体サイズおよび重量は、17インチが392×265×25.9(幅×奥行き×高さ)/3.08kg、15インチが357×243×25.9mm(同)/2.45kg。バッテリ駆動時間は最大5.5時間。
posted by カミガタ at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

iTunes StoreでDRMなしの音楽販売開始!

実質的に曲の値上げと言う意味もあり、それは複雑ですが、DRMなしは歓迎すべき事ですね。
しかも凄いのは宇多田ヒカルなど、日本のアーティスト、日本のiTunes StoreでもDRMなしが実現できたこと。
これは素直に賞賛を送りたいと思います。

「iTunes 7.2」公開、高音質なDRMフリー楽曲に対応

(Impress Watchより)
アップルは30日、iTunes 7の最新バージョンとなる「iTunes 7.2」を公開した。対応OSは、Windows Vista/XP/2000、およびMac OS X 10.3.9以降。アップルのサイトから無償ダウンロードできる。

 iTunes 7.2では、Windows Vistaを正式サポートしたほか、英EMIが発表したデジタル著作権管理(DRM)なしの楽曲購入に対応した。DRMフリー楽曲は、従来の 128kbpsの2倍となる256kbps AACエンコーディングを採用。「オリジナル音源と区別がつかない音質」を実現しているという。

 DRMフリー楽曲の価格は1曲1.29ドル。これまでのDRM付き楽曲を購入しているユーザーは、30セントを支払うことで、DRMフリー版にアップグレードできる。アップルは、従来のDRM付き楽曲と併行してDRMフリー楽曲を販売するが、「2007年末までには、iTunesの楽曲の半分以上を DRMフリーバージョンで提供したい」(アップルCEO、スティーブ・ジョブズ)としている。
posted by カミガタ at 17:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽ダウンロード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

MacBookの表示性能をめぐり、集団訴訟発生

どうやら、OS側の問題のようですか。表示ドライバが不完全ゆえ、なのかも知れません。「粒子が粗い」というのは良く分かりませんが、「まぶしい」というのはMacbookのディスプレイがツルテカ液晶を使っているからでしょう。訴訟大国アメリカならでは、という気がしますが。
最新の製品は良くなっているのでしょうか。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070521-00000012-cnet-sci
MacBook購入者がアップルに集団訴訟--ディスプレイ品質を問題視

Appleは、同社のノート型コンピューター「MacBook」および「MacBook Pro」のディスプレイ品質に不満を持つオーナーらが起こした集団訴訟に直面している。

 ブログ「 Engadget 」が取り上げた今回の集団訴訟では、Appleに対し、2006年上半期にリリースしたMacBookおよびMacBook Proのディスプレイ性能を不適切に誇張したと非難している。訴状によると、たとえば、AppleはこれらのMacBook製品について、「数百万色の表示が可能」と宣伝したが、実際には「ディザリング」という手法を使い、目の錯覚を利用して本来の表示色よりも多いかのように見せかけているという。また、 Apple製品についての多くの掲示板で、MacBookユーザーがディスプレイの「粒子の粗さ」や「まぶしさ」に関する苦情を寄せている点も指摘している。

 原告らは、こうしたディスプレイに関する問題が、IntelベースのMacBookやMacBook Proで「Windows XP」を起動した場合には発生しないと主張しており、AppleのOSに原因があることを示唆している。本件の訴状は、カリフォルニア州サンディエゴ郡上級裁判所に提出された。
posted by カミガタ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

Windowsアプリケーションがネイティブで動作「CrossOver Mac 6.1」販売

ネイティブ動作なので、Windowsアプリケーションの動作スピードが速いというのが、このソフトのエミュレータに対するメリット。Windowsがいらないというのは経済的にもメリットがあります。
エミュレータやBootcampと使い分けるとより一層快適なWindowsアプリケーションライフが送れると思います

ネイティブ稼働の「CrossOver Mac」とエミュレータの「Parallels Desktop」お好きなほうをどうぞ
 

Mac OS XでWinアプリをネイティブ稼働、ネットジャパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070518-00000005-zdn_ait-sci

ネットジャパンは5月18日、Mac OS X上でWindowsアプリケーションをネイティブで動作させるための互換レイヤーソフト「CrossOver Mac 6.1」を6月1日から販売すると発表した。ダウンロード販売は先行して5月18日から行う。価格はパッケージ版が1万1550円、ダウンロード版が 8400円。法人向けに複数ライセンスも用意する。動作環境はインテルのCPUを搭載するMacintoshで、Mac OS X 10.4.4以降。

 CrossOverは米CodeWeaversが開発したソフトで、Linux向けのWindowsシミュレータ環境「WINE」プロジェクトの技術をベースにしている。仮想環境にOSをインストールする仮想技術と異なり、APIをフックしてMac OS XのAPIに変換するため、Windowsアプリケーションを実行するのに、Widowsのインストールやライセンスは不要。

 今回発売されるのは3月に発売したCrossOver Mac 6.0の英語版を日本語化したもので、日本語版のマイクロソフトのオフィス製品や、ジャストシステムの一太郎などをサポートする。また、明示的にサポートされていないアプリケーションでも「ボトル」と呼ばれるシミュレーション環境をユーザーが個別に設定することで、一部のアプリケーションをのぞき、動作させることができる。
posted by カミガタ at 12:02| Comment(0) | TrackBack(1) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

フォーカル、予約録音やiPodへの転送も可能なMac用FM/AMラジオチューナー

Macファンかつ音楽ファンには楽しみな製品です。
録音したラジオをiPodに入れて移動しながら聴くのも楽しいかも。
野球中継の放送を撮って聴くのもいいかもしれないですね。

フォーカル、予約録音やiPodへの転送も可能なMac用FM/AMラジオチューナー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070514-00000009-bcn-sci

フォーカルポイントコンピュータ(フォーカル)は、Macintoshでラジオ番組の受信・録音が行えるUSB接続の外付けFM/AMラジオチューナー「radio SHARK 2」を5月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、同社オンラインショップ「Focal Store」価格は7980円。

 日本ではFM周波数76.0−90.0MHz、海外では87.5−108.0MHzのFMラジオ、AM周波数530−1710kHzのAMラジオを受信可能。ラジオの周波数は付属ソフトを使って、スライダーやマウスのスクロールホイール、キーボードの数字入力で簡単に設定できる。

 受信中のラジオ番組をAAC、AIFF形式でHDDに録音することも可能で、録音はラジオ周波数、日付、開始/終了時間を設定するスケジュール予約に加え、毎日、毎週、曜日などのリピート予約にも対応する。このほか、よく聴くラジオ局を登録し、すぐに呼び出せるお気に入り機能や、聴き逃した場面をさかのぼって再生できる「タイムシフト機能」などを搭載する。

 さらにオプション設定で、録音したラジオ番組を自動的に「iTunes」のプレイリストに追加でき、iPodに転送すれば、外出先で録音したラジオ番組を聴くことができる。iTunes上で、タイトルやアートワーク、マイレートなどの追加、管理も行える。

 電源はパソコンのUSBポートから供給する。本体にはLEDが付いており、ラジオ受信中、録音中の動作状況を確認できる。チューナー本体を離れた場所に設置できる約100cmのUSB延長ケーブル、受信感度を高めるFM用アンテナケーブルも付属する。対応OSはMac OS X v10.3.9以降。本体サイズは幅49×高さ180×奥行き100mm、重さは約250g。
posted by カミガタ at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MacBook新製品はSantarosa採用せず

MacBookですが、Santarosaは採用せずですか。残念。
発熱を危惧した(筐体がプラスチック)のと、上位MacBookProとの差別化を強めるためでしょうか。MacBookProとiMacがどんな製品になるのか気になります。

あと今回のチェンジで下位機種のお買い得感が高くなりました。DVDを焼かないのなら、一番おいしい機種と思います。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070516-00000024-zdn_pc-sci
新しいMacBookはスペック強化のマイナーバージョンアップ

アップルは5月15日、コンシューマ向けノートPC「MacBook」の新モデルを発表した。ラインアップは従来と同じく最上位にブラックの機体を用意した3モデル構成。今回は主にCPUおよびHDD容量を強化したマイナーバージョンアップで、インテルのモバイル向け最新プラットフォームは採用されていない

 最上位モデル「MB063J/A」は、CPUが2.0GHzから2.16GHzのCore 2 Duo(FSB 667MHz)に引き上げられ、HDDが120Gバイトから160Gバイトに強化されたほか、2層記録対応のSuperDriveが6倍速から8倍速に高速化した。また無線LANは802.11nに対応する。価格は前モデルと同じ17万9800円。

 その下のホワイトモデル「MB062J/A」は、同じくCPUを2.16GHzに、HDDを80Gバイトから120Gバイトに強化し、SuperDriveが8倍速に対応。価格も15万9800円と据え置かれている。

 最下位の「MB061J/A」は、CPUが1.83GHz(2次キャッシュ2MB)から2.0GHz(2次キャッシュ4MB)に、HDD容量が20Gバイト増の80Gバイトに変更されたほか、メモリが1Gバイトに倍増した。光学ドライブはコンボのままだが、この点を除けば旧MacBookの上位モデル「MA700J/A」をそのまま下にスライドした格好だ。価格も13万9800円と変わらず。

 なお、全モデル共通して基本アーキテクチャに変更はなく、FSBは667MHzで、グラフィックス機能はチップセット内蔵のIntel GMA950。また、13.3インチ(1280×800)の液晶ディスプレイをはじめ、内蔵iSightカメラや付属のApple Remoteコントローラ、統合アプリケーション「iLife'06」なども従来通り。ただ、公表スペックでは325(幅)×227(奥行き)×27.5 (高さ)ミリとボディサイズは踏襲しているものの、重量が50グラムほど軽くなっているようだ。OSはMac OS X 10.4.9。
posted by カミガタ at 14:15| Comment(0) | TrackBack(1) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。